コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城島 じょうじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城島
じょうじま

福岡県南西部,久留米市南西部の旧町域。筑後川下流左岸にある。筑後川を挟み,佐賀県に接する。1900年町制。1955年江上村,青木村の 2村と合体。2005年久留米市に編入。低湿な水田地帯で,クリークが発達する。中心地区の城島は中世の豪族屋敷村を起源とし,江戸時代には市場町として発展。文政年間(1818~30)に始まった清酒の醸造は今日でも盛ん。水田の裏作を利用したイグサの栽培とその加工も行なわれ,粘土瓦も産する。筑後川ではエツ漁が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

城(ぐすく)島

沖縄県島尻郡渡嘉敷村、渡嘉敷港の東約0.8kmに位置する無人島

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城島
じょうじま

福岡県南西部、三潴(みずま)郡にあった旧町名(城島町(まち))。現、久留米市城島町。旧城島町は、1900年(明治33)町制施行。1955年(昭和30)江上(えがみ)、青木の2村と合併。2005年(平成17)久留米市に編入合併。筑後(ちくご)川下流左岸の低湿なデルタ地帯で、クリークが縦横に走り、国道385号が通じる。中世城島氏の豪族屋敷村に起源をもち、その後鍋島(なべしま)氏の臣西牟田(にしむた)氏の城下町、市場町として発達した。主産業は農業で、筑後の穀倉地帯を形成、イチゴや青ネギ栽培のほか、イグサ栽培と畳表加工も行われている。また、江戸時代に始まる水田の底土を原料とした瓦(かわら)製造業と酒造業が盛んであり、とくに酒造業は九州の灘(なだ)とも称せられる。筑後川では弘法(こうぼう)大師の伝説にまつわる珍魚エツを産する。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

城島の関連キーワードセントレジャー城島高原パーク HANABIはぐれ刑事純情派〈10〉はぐれ刑事純情派〈11〉はぐれ刑事純情派〈9〉はぐれ刑事純情派〈8〉沖縄県島尻郡渡嘉敷村長崎県佐世保市相浦町阿蘇くじゅう国立公園大分県別府市城島はぐれ刑事純情派城島ジャズイン福岡県久留米市天使のお仕事愛のエプロン九州横断道路大分県別府市DASH村むつごろう細川 潤一別府[市]

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城島の関連情報