大聖寺一揆(読み)だいしょうじいっき

日本大百科全書(ニッポニカ) 「大聖寺一揆」の意味・わかりやすい解説

大聖寺一揆
だいしょうじいっき

1712年(正徳2)加賀国大聖寺藩領江沼(えぬま)郡那谷寺(なたでら)(石川県小松市)ほか80か村の農民年貢減免を求めて起こした百姓一揆暴風塩害による凶作によって、村々が減免要求の訴願闘争を起こした。そこで、藩は検見(けみ)役人を派遣したが、減免をまったく認めずに素通りしてしまう立離(たちはなし)村が多かったため、10月6日、期待を裏切られた農民が検見役人に強訴(ごうそ)するとともに、小百姓の一部が紙問屋、茶問屋などの特権商人や十村(とむら)(大庄屋(おおじょうや))などを打毀(うちこわ)し、その結果、藩は年貢を4割に減免し、1万2000石弱の藩貸米を与えた。

 この一揆は、病人・身体障害者以外の15歳から65歳までの男は1人残らず、しかも肝煎(きもいり)(名主)などの村役人から頭振(あたまふり)(水呑(みずのみ)百姓)・下人(げにん)に至るまで、十村以外のすべての農民諸階層が参加した惣(そう)百姓一揆の典型である。また、全藩領的規模の農民が参加して強訴し、打毀を併発したことから、激しい打毀を伴う全藩的強訴の画期をなすものと評価されている。この一揆の史料『那谷寺通夜(なたでらつや)物語』は、民間の一揆文学の初期のものとして著名である。

[吉武佳一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android