コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腿四頭筋拘縮症 だいたいしとうきんこうしゅくしょうquadriceps contracture

2件 の用語解説(大腿四頭筋拘縮症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいたいしとうきんこうしゅくしょう【大腿四頭筋拘縮症 quadriceps contracture】

大腿四頭筋短縮症ともいう。大腿四頭筋の筋組織が瘢痕(はんこん)化し,機能障害を起こすもので,5~6歳の成長期の小児にみられる。この疾患は1946年にすでに報告されていたが,当時は先天的なものと考えられていた。しかし,70年代に入って各地で多発し,社会問題となった。そこで,日本医師会は74年,検討委員会を設け,その原因として,先天的なものと当該部位への皮下・筋肉注射によるものとがあることを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大腿四頭筋拘縮症
だいたいしとうきんこうしゅくしょう

先天的あるいは後天的な原因によって大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋)が伸展性を失い、膝(しつ)関節の可動性が制限または消失した状態をいい、大腿四頭筋短縮症ともよばれる。5、6歳の小児にみられ、そのほとんどが乳幼児期における大腿部への筋肉注射による後天的なものである。かつて集団的に多発して社会問題にまでなったことがあるが、筋肉注射が避けられるようになり、現在はまれなものとなった。しかし、注射の回数や薬液との因果関係については不明の点が多い。大腿直筋、内・外側広筋および中間広筋との間に癒着がみられ、主病変である大腿直筋では広範囲の瘢痕(はんこん)が認められる。病型は直筋型、広筋型、混合型に分けられる。
 症状は瘢痕化の程度や範囲により異なるが、主症状は膝関節の屈曲制限である。大腿前面が陥凹し、股(こ)関節を伸展して膝関節を屈曲すると大腿前面に索状物を触れるほか、正座ができず、下肢を外に振り出すようにして歩いたり、殿部を突き出して歩くなどの歩行障害がみられる。特徴的な症状は尻(しり)上がり現象である。すなわち、伏臥(ふくが)位で股関節を伸ばしたまま膝関節を屈曲させていくと、ある角度以上曲がらなくなり、さらに曲げると股関節が屈曲して尻が上がってくる。
 軽症例に対しては膝関節の機能訓練や歩き方をはじめ、日常生活における動作の改善を図るが、尻上がり現象が膝関節の屈曲30度前後でおこるような場合には、手術が必要となる。注射の乱用を避けることが予防となる。
 なお、注射による筋拘縮としては、このほか三角筋拘縮や殿筋拘縮がある。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone