コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝剣 ホウケン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐けん【宝剣】

宝物として大切に所蔵する剣。尊い剣。
三種の神器の一。草薙(くさなぎ)の剣(つるぎ)。
「神璽(しんじ)を脇に挟み、―を腰にさし」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ほうけん【宝剣】

広島の日本酒。酒名は、地元が古くは刀剣産地であったことに由来。大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。平成13~15、18、20~22、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、八反錦、中生新千本。仕込み水は野呂山伏流水蔵元の「剣酒造」は明治5年(1872)創業。所在地は呉市仁方本町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

宝剣(ほうけん)

広島県、宝剣酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうけん【宝剣】

宝物の剣。
特に、三種の神器の一つである天叢雲剣あまのむらくものつるぎ(草薙剣くさなぎのつるぎ)のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宝剣の関連キーワード倶利迦羅竜王・俱利迦羅竜王田舎源氏(歌舞伎舞踊劇)奥出雲玉鋼工芸品駒ヶ岳(木曽)ホアンキエム湖唐賽児の乱勢州阿漕浦兼次(3)虚空蔵菩薩日本振袖始天叢雲剣大森彦七千手観音佐伯景弘女仙外史禁闕の変くさなぎ八岐大蛇安徳天皇日野有光

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝剣の関連情報