天塚古墳(読み)あまつかこふん

国指定史跡ガイドの解説

あまつかこふん【天塚古墳】


京都府京都市右京区太秦松本(うずまさまつもと)町にある前方後円墳。桂川の左岸、京都市街地西部に広がる嵯峨野(さがの)に所在する。嵯峨野では、古墳時代後期に集中して大規模な前方後円墳が営まれており、嵯峨野・太秦古墳群として注目されている。天塚古墳はこの古墳群のなかでも、蛇塚古墳に次ぐ規模をもち、蛇塚古墳の東南約1kmに位置する。古墳は前方部を南に向け2段築成の墳丘をもち、かつて周囲には幅20m余の周濠が存在したことが認められる。墳丘の全長は約73m、後円部の直径約40m、高さ約9m、前方部の幅約50m、高さ約9mあり、前方部が発達した形態で、後円部に2基の横穴式石室が設けられている。1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。出土遺物は馬具、銅鏡などで、出土品や墳形などから6世紀代の古墳と推定され、この地に繁栄したとされる秦(はた)氏の盛衰を考えるうえでも重要な遺跡とされている。京福電鉄嵐山本線蚕ノ社駅から徒歩約7分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android