コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天川[村] てんかわ

世界大百科事典 第2版の解説

てんかわ【天川[村]】

奈良県中央部,吉野郡の村。人口2310(1995)。紀伊半島中央部に位置し,周囲を標高1500~1800mの大峰山脈の山々に囲まれた山村。十津川上流の天ノ川流域にあたり,両岸の小低地に集落が点在する。村域の大部分山林からなり林業が主産業であるが,初齢林率の高い杉,ヒノキ人工林が多いため,林業収入は少ない。近年,みがき丸太などの銘木や床置の一刀彫の生産が盛んである。東部にそびえる大峰山(山上ヶ岳)は山岳宗教,修験道の聖地で訪れる人が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天川[村]の関連キーワード赤字国債建設国債アリババヘイトスピーチ対策法振り込め詐欺被害イーベイツ住民らによる損害賠償請求訴訟熊谷五右衛門(初代)白河市歴史民俗資料館廣貫堂資料館

天川[村]の関連情報