コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天真独朗 テンシンドクロウ

2件 の用語解説(天真独朗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんしん‐どくろう〔‐ドクラウ〕【天真独朗】

仏語。無相の一念に悟入すれば、生死の別を離れ宇宙朗然とし、凡身そのままに大覚の域に達するということ。最澄が在唐のとき、道邃(どうすい)から口伝された語という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんしんどくろう【天真独朗】

〘仏〙 最澄が唐に留学した際、止観の奥義として道邃どうすいより口伝くでんされたという「摩訶止観」中の語。我々の心に起こる諸意識は本来は生ずることも滅することもなく、また相互に相違のない平等なものであるということを会得することによって、宇宙の真理が明らかになり、凡夫が生死を超えて仏となること。天台宗のほか、禅宗でも用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天真独朗の関連キーワード無相一念五百生一念発起悟入出離生死生死の海生死の苦海生死の闇生死長夜無相離念

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone