コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天真 テンシン

デジタル大辞泉の解説

てん‐しん【天真】

[名・形動]自然のままで飾りけのないこと。無邪気なこと。また、そのさま。
「―に大口あけて飯を頰ばっている」〈林芙美子・放浪記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんしん【天真】

長野の日本酒蔵元は「宮尾酒造」。現在は廃業。蔵は長野市中条にあった。

てんしん【天真】

岐阜の麦焼酎シェリー酒の古樽で熟成させた淡い琥珀色の焼酎。原料は麦、麦麹。アルコール度数25%。ほかに米焼酎、そば焼酎がある。蔵元の「天領酒造」は延宝8年(1680)創業。清酒「天領」の醸造元。所在地は下呂市萩原町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんしん【天真】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
純粋な性質。自然のままで飾りけのないこと。また、そのようなさま。 「眼に-な処を現はした顔を/小公子 賤子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天真の関連キーワード山おんな壁おんな植田 平太郎鳥井亮左衛門天眞雪正宗久米桂一郎守全法親王植田平太郎新免無二斎櫛淵弥兵衛岡田三郎助イノセンス爛漫・爛熳湍津姫命黒田清輝飯篠盛近田霧姫命山本以南快翁玄俊広瀬惟然天衣無縫

天真の関連情報