天資(読み)てんし

精選版 日本国語大辞典「天資」の解説

てん‐し【天資】

〘名〙 生まれながらに天から与えられた資質。生まれつき。天性天稟(てんぴん)
※続日本紀‐天平神護元年(765)一一月甲申「大臣天弘厚」
蘭学階梯(1783)上「天資豪邁にして、異書を探り奇思に耽ける」 〔史記‐商君伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「天資」の解説

【天資】てんし

生まれつき。〔史記、商君伝論〕君はの天の人なり。~(つひ)に惡名をに受く。

字通「天」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android