天稟(読み)テンピン

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ぴん【天稟】

〘名〙 (天から(う)けるの意) 生まれつきの性質、才能。生得。天資。天性。てんりん。
※性霊集‐三(835頃)和尚中寿感興詩「任其天稟、昼夜安楽者、誠是堯日之力也」
※史記抄(1477)一九「性の善なる者は自然に天稟で道に因るぞ」 〔宋史‐温益伝〕

てん‐りん【天稟】

暑中休暇(1892)〈巖谷小波〉二「天禀(テンリン)と云ふものは、さて恐ろしいものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天稟の関連情報