稟性(読み)ひんせい

精選版 日本国語大辞典「稟性」の解説

ひん‐せい【稟性】

〘名〙 天から(う)けた性質。天賦(てんぷ)の性質。うまれつき。天性稟質。稟資。
※万葉(8C後)一七・三九七六・右七言詩序文「但惟下僕稟性難彫闇神靡瑩」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「経験より来らざる一箇独立の稟性の如く見ゆるに至れり」 〔詩経疏‐大雅・思斉序〕

りん‐せい【稟性】

〘名〙 (「稟性(ひんせい)」の慣用読み) 天から稟(う)けた性質。まれつき。天性。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「信西博覧韓非を好(よみす)為朝稟性(リンセイ)射法に達」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「稟性」の解説

【稟性】ひんせい

天性。〔北史、循吏、王伽伝〕(隋文帝詔)生に在りて、含靈稟性、咸(ことごと)く好惡(かうを)を知り、竝びに是非をる。

字通「稟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android