生得(読み)ショウトク

  • うまれ・える
  • しょうとく シャウ‥
  • しょうとく〔シヤウ〕
  • せいとく

デジタル大辞泉の解説

生まれながらにしてそういう性質を持っていること。生まれつき。せいとく。「生得の人のよさ」
(副詞的に用いて)生まれつき。もともと。「生得頑固な
しょうとく(生得)」に同じ。「生得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

生まれつきもっていること。生まれながらにして身に備わっているもの。せいとく。 素晴らしいリズム感は-のものだ
(副詞的にも用いて)生まれつき。もともと。生来。 いやもう-大嫌だいきらい/高野聖 鏡花
生まれつき。しょうとく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ア下一〙 うまれ・う 〘自ア下二〙 生まれた時から、ある能力、性質などをもつ。生まれつく。
※滑稽本・古朽木(1780)二「此二つのものは、人々自然の生れ得たる所にして、求めても得がたかるべし」
〘名〙 (生まれながらに得たものの意)
① 生まれつき。天性。せいとく。
※吾妻鏡‐文治三年(1187)八月一五日「盛澄為生得達者、押直兮射之」
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「西行はおもしろくて、しかも心も殊に深く、ありがたくいできがたき方も共に相兼ねて見ゆ。生得の歌人とおぼゆ」
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「俊才なれども心雑(おほ)く、うつり易き性得(シャウトク)なるをもって」 〔大乗義章‐三〕
② (副詞的に用いて) もともと。もとより。元来。
※平治(1220頃か)上「此人は、生得勢(せい)ちいさくおはしければ、小別当とぞ人申しける」
※洒落本・南品あやつり(1791)「此客正とく此女郎にのびてゐる故、何をいってものろくしてゐる」
〘名〙
① 生きたまま、手に入れること。いけどり。〔春秋左伝‐昭公二九年〕
② 生まれつき。性得。しょうとく。
※幸若・小袖乞(室町末‐近世初)「かみひげししむらは母のあたふるせいとく、骨は父のあたふるせいとく」 〔紅楼夢‐第一回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生得の関連情報