コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

険/嶮 ケン

デジタル大辞泉の解説

けん【険/×嶮】

[名・形動]
山などのけわしいこと。また、その場所。難所。
「箱根の山は天下の―」〈鳥居忱・箱根八里〉
困難が多いこと。
「―を冒し危きを凌ぎ」〈中村訳・西国立志編
(「権」「慳」とも書く)顔つき・目つき・物言いなどに表れるきつい感じ。また、とげとげしさのあるさま。「―のある顔」
「其の嫉妬(しっと)執着の、―な不思議の形相が」〈鏡花歌行灯

けん【険〔險〕】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) [訓]けわしい さがし
学習漢字]5年
地形が切り立ってけわしい。けわしい所。「険阻険要険路峻険(しゅんけん)天険
危ない。危ないこと。「危険探険保険冒険
とげとげしい。「険悪険相陰険
[補説]1は「嶮(けん)」と通用する。
[名のり]たか・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

険/嶮の関連キーワードお志賀の方(2)険・嶮・権・慳西村久左衛門サン(三)峡泊(富山県)湖北[省]モルッカ海茂津多岬財津一郎連生保険箱根八里八方尾根島村衛吉衛氏朝鮮生命保険箕子朝鮮王建章平らぐ雄冬岬李成梁

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android