険/嶮(読み)ケン

デジタル大辞泉の解説

けん【険/×嶮】

[名・形動]
山などのけわしいこと。また、その場所。難所。
「箱根の山は天下の―」〈鳥居忱・箱根八里〉
困難が多いこと。
「―を冒し危きを凌ぎ」〈中村訳・西国立志編
(「権」「慳」とも書く)顔つき・目つき・物言いなどに表れるきつい感じ。また、とげとげしさのあるさま。「―のある顔」
「其の嫉妬(しっと)執着の、―な不思議の形相が」〈鏡花歌行灯

けん【険〔險〕】[漢字項目]

[音]ケン(呉)(漢) [訓]けわしい さがし
学習漢字]5年
地形が切り立ってけわしい。けわしい所。「険阻険要険路峻険(しゅんけん)天険
危ない。危ないこと。「危険探険保険冒険
とげとげしい。「険悪険相陰険
[補説]1は「嶮(けん)」と通用する。
[名のり]たか・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android