峻峭(読み)しゅんしょう

精選版 日本国語大辞典「峻峭」の解説

しゅん‐しょう ‥セウ【峻峭】

〘形動ナリ・タリ〙
① 山などが高くけわしいさま。〔鄭遙‐明月照高楼賦〕
② 物事の状態・様子がきびしくおごそかなさま。きびしくむごいさま。峻酷。
※淡窓詩話(19C中)上「平淡清遠の中、風骨峻峭なる処あるを取りて称するものなり」 〔韓愈‐感春詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「峻峭」の解説

しゅん‐しょう〔‐セウ〕【××峭】

[形動][文][ナリ]
山などが高くけわしいさま。「峻峭鋭峰
きびしいさま。また、けだかくすぐれているさま。
「禅の機鋒は―なもので」〈漱石吾輩は猫である
[類語]峭絶峻険険阻険峻急峻険しい険難要害天険険要険所峻抜峻岳峻峰峻嶺高峰高嶺奇峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「峻峭」の解説

【峻峭】しゆんしよう

峻嶮

字通「峻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android