峻峭(読み)シュンショウ

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐しょう〔‐セウ〕【××峭】

[形動][文][ナリ]
山などが高くけわしいさま。「峻峭な鋭峰」
きびしいさま。また、けだかくすぐれているさま。
「禅の機鋒は―なもので」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐しょう ‥セウ【峻峭】

〘形動ナリ・タリ〙
① 山などが高くけわしいさま。〔鄭遙‐明月照高楼賦〕
② 物事の状態・様子がきびしくおごそかなさま。きびしくむごいさま。峻酷。
※淡窓詩話(19C中)上「平淡清遠の中、風骨峻峭なる処あるを取りて称するものなり」 〔韓愈‐感春詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報