コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

険しい/嶮しい ケワシイ

2件 の用語解説(険しい/嶮しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けわし・い〔けはしい〕【険しい/×嶮しい】

[形][文]けは・し[シク]
傾斜が急で、登るのに困難であるさま。「―・い山道」
困難や危険な事態が予想されるさま。「再建への道は―・い」
怒りや緊張のため、言葉や表情などがとげとげしいさま。「―・い声」「―・い目つき」
自然現象などが、荒々しく激しいさま。
「磯にをる波の―・しく見ゆるかな沖になごろや高く行くらん」〈山家集・中〉
危険である。危うい。
「我―・しき事に出会ひしは四十三度。一度も手を負はざりしに」〈浮・諸国ばなし・三〉
あわただしい。せわしい。忙しい。
「取り上げ婆呼んで来てやる―・しき時も、茶漬飯を食はずにはゆかぬものなり」〈浮・胸算用・四〉
[派生]けわしげ[形動]けわしさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けわしい【険しい】

( 形 ) [文] シク けは・し
山や坂などの傾斜が急で往来が困難である。 「 - ・い山道」 「遠きをわけ-・しきをしのぎつつ/平家 7
これから先に困難が予想される。 「前途は-・い」
怒りなどのために、とげとげしい。かどだっている。 「 - ・い表情」 「 - ・い声」
荒々しく人を寄せつけない。はげしい。 「夜の、気色いとど-・しき風の音に/源氏 総角
あわただしい。せわしい。 「女-・しく走り来て/浮世草子・胸算用 5
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

険しい/嶮しいの関連キーワード傾斜流悪しい居苦しい口重い慕わしい清しい情け深い美美しい妬ましいほてくろし・い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone