コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

険しい/嶮しい ケワシイ

2件 の用語解説(険しい/嶮しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けわし・い〔けはしい〕【険しい/×嶮しい】

[形][文]けは・し[シク]
傾斜が急で、登るのに困難であるさま。「―・い山道」
困難や危険な事態が予想されるさま。「再建への道は―・い」
怒りや緊張のため、言葉や表情などがとげとげしいさま。「―・い声」「―・い目つき」
自然現象などが、荒々しく激しいさま。
「磯にをる波の―・しく見ゆるかな沖になごろや高く行くらん」〈山家集・中〉
危険である。危うい。
「我―・しき事に出会ひしは四十三度。一度も手を負はざりしに」〈浮・諸国ばなし・三〉
あわただしい。せわしい。忙しい。
「取り上げ婆呼んで来てやる―・しき時も、茶漬飯を食はずにはゆかぬものなり」〈浮・胸算用・四〉
[派生]けわしげ[形動]けわしさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けわしい【険しい】

( 形 ) [文] シク けは・し
山や坂などの傾斜が急で往来が困難である。 「 - ・い山道」 「遠きをわけ-・しきをしのぎつつ/平家 7
これから先に困難が予想される。 「前途は-・い」
怒りなどのために、とげとげしい。かどだっている。 「 - ・い表情」 「 - ・い声」
荒々しく人を寄せつけない。はげしい。 「夜の、気色いとど-・しき風の音に/源氏 総角
あわただしい。せわしい。 「女-・しく走り来て/浮世草子・胸算用 5
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone