朝所(読み)アイタドコロ

デジタル大辞泉の解説

あいた‐どころ【朝所】

あいたんどころ」に同じ。

あいたん‐どころ【朝所】

《「あしたどころ」の音変化》大内裏太政官(だいじょうかん)正庁の北東隅にあった殿舎の名。参議以上の者が会食をし、また、政務にも用いられた。あいたどころ。

あした‐どころ【朝所】

あいたんどころ」に同じ。
「事(=豊明ノ節会)果てて、高御座(たかみくら)より―へなりぬ」〈中務内侍日記・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あいたんどころ【朝所】

平安宮で太政官の北東隅の舎屋。朝食所,朝膳所とも記す。《大内裏図考証》では東西16丈(48.5m),南北11丈と推定し,《枕草子》には瓦ぶきと見える。儀式書や記録には列見(れつけん)・定考(こうじよう)のとき,宴座(えんのざ)に移る前に公卿以下が酒食をしたためる場所として見えるが,内裏焼亡などのとき,天皇以下の御在所ともなり,後三条天皇の延久の記録所もここに置かれた。太政官庁【土田 直鎮】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あいたんどころ【朝所】

〔「あしたどころ」の転。「あいたどころ」「あいだんどころ」とも〕
太政官庁の北東隅の殿舎。参議以上の会食に使い、また政務も行われた。

あしたどころ【朝所】

あいたんどころ(朝所)」に同じ。 「 -の南向きに勾当もさぶらへば/中務内侍日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の朝所の言及

【太政官庁】より

…そのとき,外記局の政庁と弁官局の政庁が別個に設けられ,前者が外記庁(平安宮では内裏建春門の東),後者が太政官曹司,太政官庁または弁官庁などと呼ばれた。平安宮では,内裏の南,朝堂院の東に,東西56丈,南北40丈の地を占め,正庁,東庁,西庁,朝所(あいたんどころ)などの建物があった。平安時代中期以降,平常事務が官人各個の邸宅で行われるようになったため,太政官庁は列見(れつけん)以下の年中行事的儀式執行の場となり,朝堂院の廃絶以後は,即位礼,大嘗会などの大礼・大祀もここで行われるようになった。…

※「朝所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝所の関連情報