奥村善久(読み)オクムラヨシヒサ

デジタル大辞泉の解説

おくむら‐よしひさ【奥村善久】

[1926~ ]電子工学者。石川の生まれ。電波が建物や樹木から受ける影響を研究し、奥村モデル奥村秦モデル)を確立。携帯電話や自動車電話などの移動体通信のネットワーク構築に貢献した。この業績により、平成25年(2013)、日本人として初めて米国のチャールズスタークドレーパー賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村善久 おくむら-よしひさ

1926- 昭和-平成時代の通信工学者。
大正15年7月2日生まれ。通産省勤務をへて,昭和25年日本電信電話公社(現・NTT)に入社。同公社電気通信研究所で移動通信の電波伝搬の研究を行い「奥村モデル」を確立する。45年移動無線研究室長。50年東芝にうつり移動体通信システム・機器の開発に従事。54年金沢工業大教授。平成25年全米工学アカデミーから「世界初の自動車携帯(セルラー)電話ネットワーク,システムおよび標準規格に対する先駆的貢献」により日本人としてははじめてチャールズ・スターク・ドレイパー賞を授与された。石川県出身。金沢工専(現・金沢大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android