コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子挺身隊 じょしていしんたい

3件 の用語解説(女子挺身隊の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じょしていしんたい【女子挺身隊】

太平洋戦争下の女子勤労動員組織。満二五歳未満の女子を居住地・職域で組織。1943年(昭和18)の閣議決定で実施、翌年の女子挺身勤労令により1年間の勤労奉仕を義務づけた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

女子挺身隊【じょしていしんたい】

太平洋戦争後期,戦争による労働力不足を補うため,1943年女子勤労動員促進が閣議決定されたのを受け,翌年結成。地域・職域・学校別に隊が組織され,20〜40歳の未婚女子の職場進出が強制された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょしていしんたい【女子挺身隊】

戦時下の女性に対する強制的勤労動員組織。太平洋戦争下,労働力不足は深刻の一途をたどり,女性の勤労動員が強化された。1943年9月,国内態勢強化方策が閣議決定され,14~25歳の未婚・無職・不在学の女子を居住地で女子挺身隊に組織することになった。翌年3月から強制的になり,6月からは12歳にまで引き下げられた。8月には女子挺身勤労令が公布されて1年間の動員が義務づけられ,違反者には1年以下の懲役または1000円以下の罰金が科せられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女子挺身隊の関連キーワード学徒動員勤労動員朝鮮人強制連行強制的国民勤労動員令強制対流学徒勤労動員強制的失踪防止条約戦時下の性暴力とアジア女性基金女子勤労挺身隊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女子挺身隊の関連情報