女相撲(読み)オンナズモウ

世界大百科事典 第2版の解説

おんなずもう【女相撲】

女力士の相撲。女相撲といっても座頭(盲人)や獣類と取り組ませ,あるいは曲芸や甚句手踊などを呼びものとする一種の見世物である。1745年(延享2)江戸の両国で興行したのがはじまりだというが,1872年(明治5)には男女の組合せは禁止となり,昭和のはじめごろまでは,なお女だけの相撲の見世物が行われていた。【郡司 正勝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんなずもう【女相撲】

女が相撲をとること。また、女の相撲取り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女相撲
おんなずもう

女が相撲をとる見せ物。1745年(延享2)に江戸で初めて見せ物として興行され、明和(めいわ)年間(1764~72)には男の盲人と女力士との取り組みが流行して評判になったが、盲人を卑しめるものとして禁止された。その後、嘉永(かえい)年間(1848~54)になって名古屋でふたたび女相撲が組織されて全国を巡業するようになり、男の飛び入りがあったりして人気をよんだが、1872年(明治5)に風紀上好ましくないものとして禁止され、現在は九州地方で祭礼などにみられるのみになった。[佐藤農人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おんな‐ずもう をんなずまふ【女相撲】

〘名〙 女の相撲(すもう)とり。また、その同士が一座を組織して相撲をみせる見世物興行。おんなすまい。おなごずもう。
※雑俳・雲鼓評万句合‐寛延二(1749)「昼日中女角力と札を打」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女相撲の関連情報