コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女相撲 オンナズモウ

4件 の用語解説(女相撲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ずもう〔をんなずまふ〕【女相撲】

女が相撲をとること。また、女の相撲とり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おんなずもう【女相撲】

女力士の相撲。女相撲といっても座頭(盲人)や獣類と取り組ませ,あるいは曲芸や甚句手踊などを呼びものとする一種の見世物である。1745年(延享2)江戸の両国で興行したのがはじまりだというが,1872年(明治5)には男女の組合せは禁止となり,昭和のはじめごろまでは,なお女だけの相撲の見世物が行われていた。【郡司 正勝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんなずもう【女相撲】

女が相撲をとること。また、女の相撲取り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女相撲
おんなずもう

女が相撲をとる見せ物。1745年(延享2)に江戸で初めて見せ物として興行され、明和(めいわ)年間(1764~72)には男の盲人と女力士との取り組みが流行して評判になったが、盲人を卑しめるものとして禁止された。その後、嘉永(かえい)年間(1848~54)になって名古屋でふたたび女相撲が組織されて全国を巡業するようになり、男の飛び入りがあったりして人気をよんだが、1872年(明治5)に風紀上好ましくないものとして禁止され、現在は九州地方で祭礼などにみられるのみになった。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女相撲の関連キーワード紙相撲草相撲御当所相撲谷町力相撲勝相撲相撲取寄相撲相撲の蚊帳相撲規則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女相撲の関連情報