コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女芝居 オンナシバイ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐しばい〔をんなしばゐ〕【女芝居】

女だけで演じる芝居。また、その劇団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おんなしばい【女芝居】

明治~大正期に行われた女性のみによる歌舞伎芝居をいう。徳川家大奥または諸大名の奥向は男子禁制であったため,娯楽として歌舞伎狂言を提供するため出入りし,その禄をはんでいた女性があり,どこまでその上限が遡及しうるかさだかでないが,おそくとも安永期(1772‐81)にはかなり大がかりな舞台が大名屋敷内にできていた例(《宴遊日記》における柳沢家)がある。これらの,いわゆる〈お狂言師〉たちが,明治維新によって職を失い,ちまたに流出したが,その一部が一座を組んで一般の劇場で女性だけの歌舞伎を興行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんなしばい【女芝居】

女だけの芝居の一座。また、その芝居。明治初期に御狂言師が転業して一時期盛行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女芝居の関連キーワード中村 明石(5代目)市川 九女八(初代)阪東 秀代(初代)千歳 米坡市川九女八岩井 米花御狂言師市川鶴寿女剣劇女役者一時期源氏節桐長桐桐座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android