コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川九女八 いちかわくめはち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川九女八
いちかわくめはち

[生]弘化3(1848).江戸
[没]1913
歌舞伎の女役者。本名守住けい。 12歳で日本舞踊の名取となり,寄席芝居を経験したのち,明治1 (1868) 年に岩井粂八と改め歌舞伎の女役者となる。のちに明治劇壇の雄9世市川団十郎の門下となり,升之丞,粂八,九女八を名のる。女団十郎,女団洲 (団十郎の号) と呼ばれて人気を博し,特に所作事を得意とした。東京三崎座で座頭をつとめるほか,新派や新演劇,文士劇などにも出演。2世は養女が継いだが早世した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川九女八 いちかわ-くめはち

1847*-1913 幕末-明治時代の女役者。
弘化(こうか)3年11月28日生まれ。12歳で舞踊の名取となる。8代岩井半四郎の門下から,9代市川団十郎に入門。明治26年東京三崎座の座頭。「女団洲(女団十郎)」と称された。晩年は新派にも出演。大正2年7月24日死去。68歳。江戸出身。本名は守住(もりずみ)けい。前名は岩井粂八(くめはち)。俳名は月華。屋号は成田屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川九女八
いちかわくめはち
(1846―1913)

明治の女役者。本名守住(もりずみ)けい。江戸生まれ。初め坂東三津江(ばんどうみつえ)門下のお狂言師だったが、1873年(明治6)女方(おんながた)の8世岩井半四郎に入門、岩井粂八(くめはち)(久米八)を名のり歌舞伎(かぶき)女優となる。のち、9世市川団十郎の門下となり、93年(明治26)三崎座が女芝居に転向したときに座頭(ざがしら)となる。晩年はときとして守住月華(げっか)の名を用い、新派、新演劇、文士劇にも出演。団十郎を団洲(だんしゅう)とよぶのにちなんで「女団洲(おんなだんしゅう)」と称されたことから察せられるように、団十郎ばりの演技は、明治の女役者中群を抜いていた。2世は養女菊子が継いだが早世した。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の市川九女八の言及

【女芝居】より

…主として東京神田三崎町の三崎座などを本拠として活躍。著名な女役者に,市川九女八(岩井粂八),中村仲吉(翠蛾),中村仲次,市川鯉昇,松本錦糸,中村歌扇らがあった。女ながらあらゆる役柄をこなし,腕のたつ人々が輩出したが,一つのジャンルとして確立しえぬまま滅んだ。…

【藤蔭静樹】より

…日本舞踊藤蔭流創始者。本名内田八重。新潟県生れ。幼時から舞踊を学び,1898年女役者の市川久女八(1846‐1913)を頼って上京,翌年入門して内田静枝を名のり,1903年女優として初舞台。その後舞踊家を志して09年2世藤間勘右衛門に入門。翌年藤間静枝の名を許され,また新橋に妓籍をおいて八重次の名で舞踊の師匠をも兼ねた。一時,永井荷風と同棲して影響を受ける。その後坪内逍遥の《新楽劇論》に出発する新舞踊を志し,17年〈藤蔭会(とういんかい)〉を起こして第1回公演。…

※「市川九女八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市川九女八の関連キーワード市川 九女八(初代)坂東玉三郎(3代)中村虎治(4代)沢村 紀久八若柳 吉登代坂東三津江岩井 米花岩井 染八清元 お葉坂東玉三郎神代 錦明治時代藤蔭静樹清元お葉市川鯉昇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android