好事魔多し(読み)こうじまおおし

故事成語を知る辞典「好事魔多し」の解説

好事魔多し

ものごとがうまく行きそうなときには、とかく邪魔が入るものだ、ということ。

[使用例] 好事多しですから、文子さんも、きまるまでは、お聞きにならないことになさっといて[川端康成千羽鶴|1949~51]

[由来] 中国に古くから伝わることわざから。たとえば、一三世紀ごろ、なんそう王朝の時代に都市で流行した芝居の脚本を集めた「京本通俗小説」という書物には、「好事は更に多し、人をして如何いかんともせしむるし(よいことには邪魔が入るもの、人間にはどうにもなりません)」というを含むが載せられています。「磨」は、当時の中国語で、困難や挫折を指すことば。日本では、これが「魔」に変化して、定着しています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「好事魔多し」の解説

好事(こうじ)魔多し

《「琵琶記」幾言諫父から》よいことにはじゃまが入りやすい。
[補説]「好事、魔、多し」と区切る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典「好事魔多し」の解説

好事魔多し

物事がうまくいきそうなときには、とかく邪魔が入りやすいものだ。

[使用例] 好事魔多しですから、文子さんも、きまるまでは、お聞きにならないことになさっといて[川端康成*千羽鶴|1949~51]

[解説] よいことにはとかく邪魔が入って、とんでもないことが起こりがちである。中国元末の「琵琶記」に見えることばで、「魔」は「磨」の字が用いられ、困難や妨害がおこるの意で用いられていたようですが、日本では「魔」が当てられて、邪魔の意からさらに災難の意味へと展開しました。

[類句] 好事魔を生ず

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「好事魔多し」の解説

こうじ【好事】 魔(ま)(おお)

よいことにはとかく邪魔(じゃま)がはいりやすい。
※通俗赤縄奇縁(1761)一「されども好事多(カウシマヲヲク)(〈注〉スンゼンシャクマ)往々(つねつね)これを求めて得がたし」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「好事(カウジ)(マ)(オホ)し、離別は習ひなり、歎くは愚痴なるべし」 〔琵琶記‐幾言諫父〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android