コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥子温泉 うばこおんせん

2件 の用語解説(姥子温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姥子温泉
うばこおんせん

神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山中央火口丘群の北西部にある冠ヶ岳の北西斜面,標高 850m付近にある。泉質は単純泉,明礬泉。泉温は 38~70℃。婦人病,眼病にきく。坂田公時の姥がこの湯で公時の眼病を治したという伝説があり,名前の由来となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姥子温泉
うばこおんせん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町北西部にある温泉。冠ヶ岳(かんむりがたけ)の北西麓(ろく)、大涌谷(おおわくだに)の西方、標高880メートルにある。箱根温泉郷中もっとも閑静で、湯治場のおもかげも残す。山姥(やまうば)が眼病治療のため金太郎(坂田公時(きんとき))を連れて入湯した伝説によって名づけられ、岩風呂(いわぶろ)もある。現在も自然湧出(ゆうしゅつ)による箱根では数少ない温泉の一つ。泉質は含アルミニウム泉。医療効果は抜群とされ、とくに眼病には特効がある。夏は避暑客でにぎわい、付近の林間にキャンプ場が開設され、大涌谷までハイキングコースがある。富士が見える温泉場である。早雲山(そううんざん)からロープウェーで20分。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姥子温泉の関連キーワード底倉温泉箱根箱根湯本神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯神奈川県足柄下郡箱根町強羅神奈川県足柄下郡箱根町仙石原神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平神奈川県足柄下郡箱根町箱根神奈川県足柄下郡箱根町畑宿神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姥子温泉の関連情報