コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥子温泉 うばこおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姥子温泉
うばこおんせん

神奈川県南西部,箱根町にある温泉。箱根山の中央火口丘群の北西部にある冠ヶ岳の北西斜面,標高 850m付近にある。泉質は単純泉明礬泉泉温は 38~70℃。婦人病,眼病にきく。坂田公時の姥がこの湯で公時の眼病を治したという伝説があり,名前の由来となっている。二人をまつる姥子堂がある。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姥子温泉
うばこおんせん

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町北西部にある温泉。冠ヶ岳(かんむりがたけ)の北西麓(ろく)、大涌谷(おおわくだに)の西方、標高880メートルにある。箱根温泉郷中もっとも閑静で、湯治場のおもかげも残す。山姥(やまうば)が眼病治療のため金太郎(坂田公時(きんとき))を連れて入湯した伝説によって名づけられ、岩風呂(いわぶろ)もある。現在も自然湧出(ゆうしゅつ)による箱根では数少ない温泉の一つ。泉質は含アルミニウム泉。医療効果は抜群とされ、とくに眼病には特効がある。夏は避暑客でにぎわい、付近の林間にキャンプ場が開設され、大涌谷までハイキングコースがある。富士が見える温泉場である。早雲山(そううんざん)からロープウェーで20分。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

姥子温泉の関連キーワード箱根

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姥子温泉の関連情報