コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

媒介動物 ばいかいどうぶつ vector

翻訳|vector

3件 の用語解説(媒介動物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

媒介動物
ばいかいどうぶつ
vector

病原体を持運んで他に感染させる動物の総称。マラリア原虫を伝えるハマダラカ狂犬病ウイルスを伝えるイヌ,カンテツ (肝蛭) の中間宿主となるモノアラガイなどは,いずれも媒介動物ということができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばいかい‐どうぶつ【媒介動物】

媒介者2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

媒介動物
ばいかいどうぶつ

宿主(しゅくしゅ)(ヒト、動物)からほかの宿主に病原体を伝播(でんぱ)することができる動物で、通常、節足動物をさし、とくに昆虫類、ダニ類に絞られる。節足動物が病原体を伝播するには、病原体を体に付着させたり消化管を通過させて伝播する方法(機械的な媒介)と、宿主を刺咬(しこう)した際などに病原体が節足動物体内に取り込まれ、体内で発育あるいは増殖し、その後、病原体がほかの宿主に伝播される方法(生物学的な媒介)の二つがある。昆虫類、ダニ類が媒介動物となっているおもな疾病名と、その病原体は次のとおりである。(1)機械的に媒介されるもの ハエやゴキブリが媒介する消化器系伝染病で、病原体は赤痢菌、コレラ菌、腸チフス菌、ポリオウイルスなど。(2)生物学的に媒介されるもの カが媒介する日本脳炎、黄熱で、病原体はウイルス。ほかにカ(疾病名マラリア、病原体は原虫)、ノミ(ペスト、ペスト菌)、シラミ(発疹(はっしん)チフス、リケッチア)、ハエ(アフリカ睡眠病、原虫)、マダニ(野兎(やと)病、野兎病菌)、マダニ(ロッキー山紅斑熱(こうはんねつ)、リケッチア)、ツツガムシ(つつが虫病、リケッチア)。
 なお、機械的な媒介をする節足動物を伝播動物、生物学的な媒介をする節足動物を媒介動物として区別する説もある。[吉川 翠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

媒介動物の関連キーワード産道感染母子感染伝染病病原体不顕性感染自然免疫感染性胃腸炎感染源経皮感染持続保菌者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

媒介動物の関連情報