コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫡母 チャクボ

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐ぼ【嫡母】

父の正妻。正妻以外の女性から生まれた子からみた言い方。てきぼ。

てき‐ぼ【嫡母】

ちゃくぼ(嫡母)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくぼ【嫡母】

民法旧規定で、認知を受けて父の家に入った庶子から、父の正妻をいう称。てきぼ。

てきぼ【嫡母】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嫡母
ちゃくぼ

明治民法の下で、が正妻以外の女性との間に生まれた子(女の私生子)を認知すると、その子は父の庶子となり、その子は原則として父の家に入ったが、その場合、その庶子に対し、父の正妻を嫡母とよんだ。明治民法施行前の慣例によったものであり、嫡母庶子間には法律上の親子(母子)関係が認められた。一種の継母子関係であるが、普通の継母子関係以上に、人間性、家族感情を無視した、もっぱら家の存続を願う家族制度に基づくものであった。1948年(昭和23)の民法改正とともに、このような法定親子関係は認められなくなり、現在では単なる姻族一親等の関係にすぎない。[山本正憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嫡母の言及

【親族名称】より

…宗族は秩序の体系を持っており,人々はその中で一定の地位を占め,そのことから身分関係や国家の法との関係を規制され,各人は親族名称,すなわち〈名〉に応じた行動規準を持たねばならない。全体は図4を参考に供するとして,たとえば〈はは〉についてみると,生みの母を〈親母〉,めかけの子は父の正妻を呼んで〈嫡母〉,前妻の子は後妻を呼んで〈継母〉,めかけの子がその生みの母を失い,他のめかけが養育するとそのめかけを〈慈母〉,養子は養い親の妻を〈養母〉,離婚された親母を〈出母〉,寡婦たる親母で他人に嫁いだものを〈嫁母〉,父のめかけで子あるものを他の子は〈庶母〉,父のめかけで己に乳を与えたものを〈乳母〉という。親母を除いてこれらを〈八母〉というが,それぞれに礼制上,服喪の期間などが細かく段階的に定められていることはもちろん,律の上でも一定の扱いがある。…

※「嫡母」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

嫡母の関連キーワード親子(おやこ)工藤 貞次民法旧規定英照皇太后桃園天皇宝暦事件継親子後家血族六母養子

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android