コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存易 ぞんえき

1件 の用語解説(存易の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

存易 ぞんえき

1539-1614 戦国-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)8年生まれ。袋中(たいちゅう)の兄。浄土宗。郷里陸奥(むつ)山崎(福島県)の能満寺で叔父存洞の弟子となり,下野(しもつけ)(栃木県)大沢の円通寺をへて下総(しもうさ)大巌寺(千葉県)の貞把に師事する。安芸(あき)(広島県)厳島(いつくしま)に光明院を創建し,美作(みまさか)(岡山県)の誕生寺の復興をたすけた。慶長19年9月14日死去。76歳。字(あざな)は以八。号は行蓮社信誉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

存易の関連キーワードエティエンヌ父子三統暦大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮大坂の陣キリシタン高田藩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone