孝霊天皇(読み)こうれいてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝霊天皇
こうれいてんのう

第7代に数えられる天皇。名はオオヤマトネコヒコフトニノミコト。孝安天皇皇子。母は皇后オシヒメノミコト。大和黒田廬戸宮 (くろだのいおどのみや) に都した。クワシヒメノミコトを立てて皇后とした。陵墓は奈良県北葛城郡王寺町の片丘馬坂陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうれい‐てんのう〔カウレイテンワウ〕【孝霊天皇】

記紀で、第7代の天皇。孝安天皇の皇子。名は大日本根子彦太瓊(おおやまとねこひこふとに)。皇居は大和廬戸宮(いおとのみや)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孝霊天皇 こうれいてんのう

記・紀系譜による第7代天皇。
父は孝安天皇。母は押媛命(おしひめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は黒田の廬戸(いおとの)宮。孝霊天皇76年2月8日死去。106歳(「古事記」)。墓所は片丘馬坂陵(かたおかのうまさかのみささぎ)(奈良県王寺町)。別名は大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

孝霊天皇

『古事記』『日本書紀』に第7代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば,孝安天皇と,天皇の兄,天足彦国押人命との娘かと伝えられる押媛との間に生まれた。大日本根子彦太瓊天皇という。孝安天皇を玉手丘上陵(御所市)に葬り,黒田(奈良県田原本町)に廬戸宮を営んだ。孝元天皇のほか,倭迹迹日百襲姫命,吉備臣の始祖という稚武彦命らをもうけたと伝えられる。

(大平聡)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうれいてんのう【孝霊天皇】

記紀の所伝で第七代天皇、大日本根子彦太瓊尊おおやまとねこひこふとにのみことの漢風諡号しごう。孝安天皇の皇子。都は黒田の廬戸宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝霊天皇
こうれいてんのう

皇室系譜に第7代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は大日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとにのみこと)。孝安(こうあん)天皇の皇子で、母は押媛(おしひめ)。都を黒田(くろだ)(奈良県磯城(しき)郡田原本(たわらもと)町)の廬戸宮(いおとのみや)に遷(うつ)して孝霊元年に即位、同2年に磯城県主大目(しきのあがたぬしおおめ)の女細媛命(むすめほそひめのみこと)を皇后とし、同76年に没して片丘馬坂陵(かたおかのうまのさかのみさざき)に葬られたという。『古事記』は、母を忍鹿比売(おしかひめ)命、皇后を十市(とおち)県主の祖大目の女とし、106歳で没したと伝える。[星野良作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうれい‐てんのう カウレイテンワウ【孝霊天皇】

記紀の所伝で、第七代天皇の漢風諡号(しごう)。孝安天皇の皇子。和風諡号は大日本根子彦太瓊尊(おおやまとねこひこふとにのみこと)。「日本書紀」によれば、都を大和国黒田の廬戸宮(いほとのみや)に営み、在位七六年、一二八歳で没したという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android