コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季寄 きよせ

2件 の用語解説(季寄の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

季寄【きよせ】

歳時記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きよせ【季寄】

連歌や俳諧,俳句では,季語を用いるが,句作の参考にするために,季語を集めたものを季寄という。一般に俳諧歳時記の小型のもので,季語を四季別(新年の部を立てるものもある)に分類し月別にわけ,さらに時候,人事,宗教行事,動植物などにわけて配列し,簡単な説明や例句を付したものもある。古くは,連歌,俳諧の作法書や詞寄に付されているものが多い。北村季吟編《山之井》(1648),《増山の井》(1663)は,独立した季語集として早い時期のもので,ことに後者は,多数の季語を収め,連歌の題と俳諧の題の区別を記しており,後年まで広く用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

季寄の関連キーワード自由律俳句百韻季語句柄雑詠無季乱吟押え字定型

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

季寄の関連情報