コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季寄 きよせ

百科事典マイペディアの解説

季寄【きよせ】

歳時記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよせ【季寄】

連歌や俳諧,俳句では,季語を用いるが,句作の参考にするために,季語を集めたものを季寄という。一般に俳諧歳時記の小型のもので,季語を四季別(新年の部を立てるものもある)に分類し月別にわけ,さらに時候,人事,宗教行事,動植物などにわけて配列し,簡単な説明や例句を付したものもある。古くは,連歌,俳諧の作法書や詞寄に付されているものが多い。北村季吟編《山之井》(1648),《増山の井》(1663)は,独立した季語集として早い時期のもので,ことに後者は,多数の季語を収め,連歌の題と俳諧の題の区別を記しており,後年まで広く用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

季寄の関連情報