コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校安全会 がっこうあんぜんかい

2件 の用語解説(学校安全会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がっこうあんぜんかい【学校安全会】

学校安全の普及充実と学校事故・災害の共済給付とを行う特殊法人。正称は日本学校安全会。その目的,事業内容は,日本学校安全会法(1959公布)に定められており,文部大臣の監督下,事業に対しては国から一定の補助がある。学校事故・災害(幼稚園から高校まで)に対しては,父母が掛金を払い学校単位で同会に加入することによって,学校等の管理下におこった児童生徒等の負傷,疾病,廃疾または死亡につき,一定額の医療費,廃疾見舞金または死亡見舞金の支給を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学校安全会
がっこうあんぜんかい

学校における児童・生徒の事故に対する共済給付を目的に、1960年(昭和35)に設立された日本学校安全会の略称。同会は1982年日本学校給食会と統合されて日本学校健康会となり、1986年には国立競技場と統合されて特殊法人日本体育・学校健康センターに改組された。その後の特殊法人等の整理合理化計画に基づき、2003年(平成15)に設立された独立行政法人日本スポーツ振興センターへと業務が引き継がれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の学校安全会の言及

【学校事故】より

…学校施設の火災,水害などは〈学校災害〉,教職員にかかわる事故は〈公務災害〉としておのおの法令,条例の規定がある。学校事故は1960年代から激増しはじめ,81年度学校安全会の給付件数だけで125万件に及ぶ。子どもの生命,身体の安全を保護すべき学校で,子どもの事故が多発するという矛盾から,学校の環境・管理・指導,学校設置者や国の教育条件整備のあり方,救済措置が問われている。…

※「学校安全会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone