宇宙太陽光発電(読み)ウチュウタイヨウコウハツデン

デジタル大辞泉の解説

うちゅうたいようこう‐はつでん〔ウチウタイヤウクワウ‐〕【宇宙太陽光発電】

宇宙空間で大規模な太陽光発電を行い、電力を地上に伝送する発電方法の総称。宇宙空間では日没や天候や緯度、また大気の吸収などの影響がないため、理論上、地上に比べて高効率な発電が可能となる。地上への電力伝送はマイクロ波またはレーザーで行い、地上の受電設備で電力に再変換して利用することが考えられている。基礎研究が進められているが、実現には至っていない。SSPS(Space Solar Power System)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙太陽光発電
うちゅうたいようこうはつでん
space-based solar power

宇宙空間で太陽光により発電し、その電力を地球に送るシステム。略称SBSP。地球上でも再生可能エネルギーの筆頭として、多くの太陽光発電施設が稼働している。しかし、地上の太陽光発電の場合、夜間には発電できず、日中の天候(雨、曇りなど)により、発電効率が低下するなど、安定的な電源としては不適な場合がある。この問題を解決するため、地球の静止軌道上に大規模太陽光発電施設を打ち上げるシステムが、1968年、アメリカのピーター・グレーザーPeter E. Glaser(1923―2014)により提案された。このシステムでは、静止軌道上に発電機器を配置することにより、春分と秋分の一時期を除き、ほぼ365日24時間、発電を続けることができる。また、つねに太陽へ向けて発電パネルを制御することにより、地球上より高効率で発電できるという利点がある。当初のNASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)による計画は、総重量5万トンもの超巨大衛星を多数打ち上げるものであったが、技術的困難および打ち上げコストの問題などから、実現していない。ちなみにISS(国際宇宙ステーション)の質量は約340トンである。
 システムそのものは、宇宙空間に配置される宇宙太陽光発電衛星と、その電力を地球に向けてマイクロ波(またはレーザー)などで配電(送信)するアンテナ、その電力を地上で受けるアンテナ(受信局)から構成される。
 アメリカでの研究は一時停滞したが、日本では地道に研究が続き、2009年(平成21)に策定された宇宙基本計画にも、宇宙太陽光発電システムSpace Solar Power System(SSPS)の開発が盛り込まれ、JAXA(宇宙航空研究開発機構)や京都大学などで継続的に研究されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙太陽光発電の関連情報