コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇木汲田遺跡 うきくんでんいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇木汲田遺跡
うきくんでんいせき

佐賀県唐津市宇木汲田にある弥生時代前期から後期の遺跡。住居址,墓,貝塚が併存し,当時の共同体社会を究明する手掛りとなる。中期の甕棺墓は現在約 80例が確認され,銅剣銅鉾,銅釧などの副葬品被葬者が族長的存在であることを示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うきくんでんいせき【宇木汲田遺跡】

佐賀県唐津市大字宇木字汲田にある弥生時代の共同墓地と貝塚。遺跡は松浦川の支流である宇木川左岸に近接した現在の水田下の低位河岸段丘にあり,1928年の耕地整理で,甕棺から細形銅剣銅矛各2本と硬玉勾玉2などが発見されて知られるようになった。さらに,57年の東亜考古学会,65,66年の九州大学を中心とした日仏合同調査によって,弥生時代中期初頭から中期中頃の甕棺墓が合計129基も発見された。甕棺墓からは細形の銅剣,銅矛,銅戈多鈕細文鏡,銅釧(どうくしろ),硬玉勾玉,碧玉管玉ガラス管玉などが多数出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

うきくんでんいせき【宇木汲田遺跡】


佐賀県唐津市宇木にある集落跡。唐津平野南部、松浦川の支流、宇木川左岸に近い夕日山東北山麓の河岸段丘上に所在する。1930年(昭和5)の耕地整理で発見された甕棺(かめかん)から銅剣、銅矛、勾玉(まがたま)などが出土し、その後の調査によって弥生時代中期の甕棺墓129基を中心とする墓地であることが判明した。そのほかにも多鈕(たちゅう)細文鏡、銅釧(どうくしろ)、管玉(くだたま)などの副葬品が数多く出土し、出土品は肥前唐津市宇木出土品として、1960年(昭和35)に重要文化財に指定された。また、遺跡の北端では縄文時代晩期の貝塚が発見され、土器、獣や魚の骨、貝類や炭化米も出土した。JR筑肥線鬼塚駅から車で約17分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android