コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須玖遺跡 すくいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須玖遺跡
すくいせき

福岡県春日市岡本町にある弥生時代中期の遺跡。 1899年に大石の下の甕棺から銅鏡 30面以上,銅剣銅鉾鎔笵 (ようはん) などが発見された。その後,耕作や数次の学術調査によって多数の甕棺や青銅器などが発見されている。奴国のあった地と推定され,本遺跡は首長墓の性格をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

須玖遺跡【すぐいせき】

福岡県春日(かすが)市須玖岡本にある弥生(やよい)時代の甕棺(かめかん)墓群。1899年台地上の巨石下から合口甕棺(あわせぐちかめかん)が多数発見され,内部から青銅利器のほか,30面近くの前漢鏡や鉄剣,ガラス製璧(へき)などが出土した。
→関連項目春日[市]玉器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すぐいせき【須玖遺跡】

福岡県春日市岡本町を中心にひろがる弥生時代遺跡群。牛頸山から福岡平野に突出した低丘陵地帯には多くの弥生遺跡が知られ,この中でとくに有名なのが丘陵の北端にある須玖遺跡である。遺跡の三方には広い平地が望まれ,丘陵上には墓地群を中心とした遺跡が発見されている。1899年に巨石の下から甕棺墓が発見され,前漢鏡約30面,ガラス璧(へき),勾玉,銅剣,銅矛(どうほこ),銅戈(どうか)など多数の副葬品が出土して注目されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すぐいせき【須玖遺跡】

福岡県春日市にある弥生中期の墓地遺跡。巨石の下の甕棺かめかん墓から前漢鏡・銅剣など豊富な遺物が発見された。須玖出土の土器は弥生中期の標式とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須玖遺跡
すぐいせき

福岡県春日(かすが)市岡本町に所在する弥生(やよい)時代の墳墓遺跡。福岡平野南部の低平な丘陵の先端に位置し、この丘陵を中心として分布する同時期の遺跡に比べて、その内容は質、量ともに首座を占めるものである。1899年(明治32)偶然発見された巨石下の甕棺墓(かめかんぼ)には前漢銅鏡三十数面、細形銅剣、銅矛(どうほこ)・銅戈(どうか)8口以上、ガラス璧(へき)、ガラス勾玉(まがたま)・管玉(くだたま)など重要な遺物が副葬されており、以来学界の重視するところとなった。この台地上には広範に甕棺墓の分布することが知られており、その後も鏡、青銅器、鉄器、玉類などの発見が相次いだ。その一部は1929年(昭和4)京都帝国大学、62年(昭和37)九州大学、福岡県教育委員会によって発掘調査が実施され多くの成果をあげたが、全体的な把握のなされる前に宅地造成のため消滅した。79年には丘陵の南側で新たに甕棺墓地が調査され、ことに朝鮮製小銅鐸(どうたく)鋳型の出土で注目を浴びた。こうした須玖遺跡を構成する墓地群、あるいは墓地内の甕棺墓群の相互間にみられる差異は、すでにこの時期に社会的格差の生じていたことを示唆し、弥生時代社会を解明する重要な遺跡である。[高倉洋彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須玖遺跡の関連キーワード福岡県春日市春日(市)遺物土器

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須玖遺跡の関連情報