宇治橋断碑(読み)うじばしのだんぴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇治橋断碑
うじばしのだんぴ

京都宇治橋の架橋由緒を記した日本最古の石碑断片宇治市の常光寺境内から,寛政3 (1791) 年発見された。僧道登大化2 (646) 年,架橋に際して記した由来,願文で,現在3行 27字 (全文は3行 106字,『帝王編年記』収録) のみが残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うじばしだんぴ〔うぢばしだんぴ〕【宇治橋断碑】

大化2年(646)僧道登(どうとう)が宇治川宇治橋を架けた由来を刻した。日本現存最古の碑。寛政3年(1791)ごろに上部3分の1が発見されたものを復元し、現在は宇治橋畔の橋寺放生院)境内にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじばしだんぴ【宇治橋断碑】

京都府宇治市放生院常光寺(橋寺)にある宇治橋碑の上部約3分の1の部分。646年に僧道登が宇治川に橋を架けたことを記す碑。早く失われたが、江戸時代に原碑の断片が発見され記録によって下部が復元された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android