コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝王編年記 ていおうへんねんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝王編年記
ていおうへんねんき

神代から後光厳天皇後円融天皇までの年代記。 30巻。『歴代編年集成』ともいう。最後の3巻が散逸しているため,後伏見天皇までの 27巻が現存。編者は僧永祐と伝えられ,成立は正平 19=貞治3 (1364) ~天授6=康暦2 (80) 年の間であろう。各天皇ごとに事績とその時代に生起した事柄とを年代順に記し,皇族,摂関,大臣,将軍,執権六波羅探題,仁和寺門跡,興福寺別当,東寺長者天台座主の任命記事を掲げている。六国史をはじめとする諸書から抜粋したものであるが,個人の編纂した中世の歴史書の代表的なもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

帝王編年記【ていおうへんねんき】

神代(じんだい)から鎌倉時代後期の後伏見(ごふしみ)天皇(在位1298年−1301年)に至るまでの年代記。《歴代編年集成》《帝王編年集成》などともいう。成立は1364年から1380年までの間と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていおうへんねんき【帝王編年記】

神代より後伏見天皇(在位1298‐1301)までの歴史を漢文編年体で記した記録。異称《歴代編年集成》《帝王編年集成》《歴代編年記》《扶桑編年録》。全27巻。撰者は鎌倉末の僧永祐と伝えられるが確証はない。インド・中国の史実も広範囲に採録しており本書の特徴の一つをなす。また本書のみに述べられている事柄もかなりの数にのぼるが,こうした記事については十分な史料批判が必要となろう。《国史大系》所収。【大塚 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝王編年記
ていおうへんねんき

年代記。30巻(現存するのは27巻)。僧永祐(えいゆう)(南北朝時代の人、伝未詳)の編。『歴代編年集成』『帝王編年集成』『歴代編年記』『扶桑(ふそう)編年録』など、写本によっていろいろの別名がある。神武(じんむ)天皇から北朝の後光厳(ごこうごん)天皇(あるいは後円融(ごえんゆう)天皇)までを扱っていたらしいが、現在、最後の三巻が散逸しているため、後伏見(ごふしみ)天皇(13世紀末)までの部分しか伝わらない。各天皇ごとにまとめられ、まずその時代の事件を記し、ついで各皇族の略伝や、公武の重職にあった人物、主要寺院の歴代などが掲げられている。『国史大系』所収。[益田 宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

帝王編年記の関連キーワード藤原今子(1)宇治橋造橋断碑宇治橋断碑阿倍小足媛宇治橋碑賢聖障子吾妻鏡余呉湖宇治橋益田神代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android