コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改新の詔 かいしんのみことのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改新の詔
かいしんのみことのり

『日本書紀』大化2 (646) 年正月所載の詔勅。屯倉,田荘などの私有地,ならびに子代,部曲などの私有民の廃止,地方官制の整備,戸籍,計帳,班田の制の創設,税制の改正など,多方面の内容を含む。隋唐式中央集権国家の完成を意図する大化改新において,その国政改革の中核をなすものとして掲げられた法令である。ただし史料的価値について,次の2つの説が対立している。 (1) 潤色説と称される。すなわち,この詔勅に関して,書紀編者は原資料をもっていたが,それには処々に欠落があった。したがって,編者はその欠落部分を,編纂時の現行法大宝律令を使用して,適宜に補ったと考える説である。 (2) 造作説と称される。すなわち,書紀編纂時において,このような詔勅は何も伝えられていなかった。編者は律令制の由来を説く必要から,その開始の時期を大化に求め,詔勅を創作したと考える説である。以上の2説はいまだ解決されず,改新政治の政治史的意義を論じることを困難としているが,詔中には税法,田荘制の廃止など信ずべき部分もあり,潤色説のほうがやや有利と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいしんのみことのり【改新の詔】

645年(大化1)に成立した大化改新政府の基本方針を示す、四箇条一四項からなる政令。646年1月に宣布。すべてを当時のものと見得るかどうか、その信憑性には疑問がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

改新の詔の関連キーワード日本におけるおもな時代区分部曲(大和王権)飛鳥時代(年表)大化の改新公地公民孝徳天皇不改常典基本方針(農業経営基盤強化促進基本方針)五畿七道近畿地方長田道章郡評論争駅伝制度条坊制信憑性不破関陸奥国逢坂関鈴鹿関宣布

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android