コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守口市(読み)もりぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守口〔市〕
もりぐち

大阪府中部,淀川左岸の市。 1946年守口町と三郷 (さんごう) 村が合体して市制市域の大部分は低湿地であるが,淀川の永禄堤付近はやや高く,その上を通る京街道に沿う中心市街地の守口は,江戸時代宿場町として繁栄。明治以降は宿場町の機能を失ったが,1910年の京阪電気鉄道本線の開通により,大阪市の工業衛星都市として再生した。初期には小規模な鋳物,衣料加工の工場だけであったが,大正末期には紡績工場が進出,現在は電気機械器具の大規模工場が立地。宅地化も著しく,特産の守口ダイコンやレンコン栽培は消滅した。来迎寺光明寺佐太神社などがある。中央部を近畿自動車道が縦断,地下鉄谷町線が通る。面積 12.71km2。人口 14万3042(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守口市の関連情報