コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京街道 キョウカイドウ

4件 の用語解説(京街道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かいどう〔キヤウカイダウ〕【京街道】

大坂京橋から伏見を経て京都四条縄手に至る街道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

京街道【きょうかいどう】

近世に京都と大坂を結んだ街道。京道・大坂街道・河内路ともよばれた。1594年豊臣秀吉淀川左岸に文禄堤を築き,堤防道を伏見・大坂間の近道としたのに始まる。江戸幕府は道をさらに整備して伏見・淀・枚方(ひらかた)・守口の4宿を設けた。
→関連項目枚方[市]守口[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかいどう【京街道】

近世における京都・大坂間の街道。豊臣秀吉が大坂・淀・伏見に築城の後,1594年(文禄3)に淀川左岸に文禄堤を築造し,堤防上を道路として伏見・大坂間の近道としたのが起源である。江戸幕府は道路をさらに整備し,京街道伏見枚方守口の4宿駅を設定し,品川から大津までのいわゆる東海道五十三次のほかにその延長上の宿とみなし,道中奉行の管轄下に置いた。【乾 宏巳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかいどう【京街道】

近世、大坂と京都・伏見間を結ぶ街道。豊臣秀吉が淀川堤防を築造し、その左岸堤防上を道路として伏見・大坂間の近道としたのが起源。また、その他の京都へ向かう街道をさすこともあった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京街道の関連情報