コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定人口・静止人口 あんていじんこうせいしじんこうstable population,stationary population

世界大百科事典 第2版の解説

あんていじんこうせいしじんこう【安定人口・静止人口 stable population,stationary population】

人口の再生産要因(出生と死亡)と人口の基本構造との関係についての画期的な一般理論が,20世紀の初頭,アメリカの生物学者・人口学者A.J.ロトカによって開発された。これが安定人口理論と呼ばれるものである。その内容は,次のように要約することができよう。外部と人口出入りのない封鎖人口において,出生秩序(年齢別特殊出生率)と死亡秩序(年齢別特殊死亡率)が一定であるとすると,究極においてその人口の基本構造は一定となり,したがって普通出生率も普通死亡率も一定となり,一定の自然増加率が生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安定人口・静止人口の関連キーワード静止人口ロトカ