コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ころり(読み)コロリ

デジタル大辞泉の解説

ころり[名]

銭百文。駕籠かき仲間の符丁
「道は二里ある駕籠賃―、―は知らぬ」〈浄・博多小女郎

ころり[副]

[副]
急に転がったり倒れたりするさま。「さいころがころりと転がる」
あっけなく死んだり、負けたりするさま。「かぜをこじらせてころり(と)いってしまった」「殺し文句にころりと参る」
前とすっかり違う状態になるさま。ころっと。「ころりと忘れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころり

銭百文。駕籠かき・馬子などが用いた符牒。 「駕籠賃-。-は知らぬ。知らずば銭百/浄瑠璃・博多小女郎

ころり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
小さくてあまり重くないものが倒れたり転がり落ちたりするさま。 「こけしが-と倒れる」 「 -と横になる」
あっけなく、負けたり倒されたりするさま。ころっと。 「 -と負ける」 「 -(と)だまされた」
態度や状態がそれまでと全く変わるさま。ころっと。 「 -と変わる」 「 -と忘れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のころりの言及

【コレラ】より

…オランダの医師ポンペが《日本滞在見聞記》に記録しているように,長崎に入港した米艦ミシシッピ号が持ち込んだ。病勢は激甚を極め,九州,四国から大坂,京都,江戸,さらに遠く箱館(函館)にまで及び,多数の死者を出したため,民衆は〈ころり〉と呼んで恐れた。江戸だけでも死者10万余あるいは26万余人を数えたという。…

※「ころり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ころりの関連情報