コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ころり コロリ

デジタル大辞泉の解説

ころり[名]

銭百文。駕籠かき仲間の符丁
「道は二里ある駕籠賃―、―は知らぬ」〈浄・博多小女郎

ころり[副]

[副]
急に転がったり倒れたりするさま。「さいころがころりと転がる」
あっけなく死んだり、負けたりするさま。「かぜをこじらせてころり(と)いってしまった」「殺し文句にころりと参る」
前とすっかり違う状態になるさま。ころっと。「ころりと忘れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころり

銭百文。駕籠かき・馬子などが用いた符牒。 「駕籠賃-。-は知らぬ。知らずば銭百/浄瑠璃・博多小女郎

ころり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
小さくてあまり重くないものが倒れたり転がり落ちたりするさま。 「こけしが-と倒れる」 「 -と横になる」
あっけなく、負けたり倒されたりするさま。ころっと。 「 -と負ける」 「 -(と)だまされた」
態度や状態がそれまでと全く変わるさま。ころっと。 「 -と変わる」 「 -と忘れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のころりの言及

【コレラ】より

…オランダの医師ポンペが《日本滞在見聞記》に記録しているように,長崎に入港した米艦ミシシッピ号が持ち込んだ。病勢は激甚を極め,九州,四国から大坂,京都,江戸,さらに遠く箱館(函館)にまで及び,多数の死者を出したため,民衆は〈ころり〉と呼んで恐れた。江戸だけでも死者10万余あるいは26万余人を数えたという。…

※「ころり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ころりの関連キーワードアレクセイ パホーモフすってんころりエンマコオロギぴんぴんころりねんねんころり騒がましいおころりよ三日コロリ筒転かし緒方洪庵ころっとねんねんころころ殺し文句いちころ嘘っぽいさいころ鼠浄土浄瑠璃こけし

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ころりの関連情報