コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政江戸地震 あんせいえどじしん

2件 の用語解説(安政江戸地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安政江戸地震
あんせいえどじしん

安政2(1855)年10月2日午後10時頃,江戸を中心として起こった激震。安政年間(1854~60)に東海,近畿など各地に頻発したもののうち,最大の被害規模をもつもの。震源は東京湾北部,北緯 35.65°,東経 139.08°,地震の規模はマグニチュードM)6.9~7.1と推定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんせい‐えどじしん〔‐えどヂシン〕【安政江戸地震】

安政2年(1855)10月2日に関東地方南部で発生した大地震。安政年間に日本全国で発生した十数回におよぶ安政の大地震のうち、江戸を中心に最も被害が大きかったことで知られる。関東平野直下の地殻内で起きた震源の浅い地震であり、その規模はマグニチュード7程度とみられ、首都直下型地震と同種のものと考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安政江戸地震の関連キーワードいなだ平極富士塚わかし緒巻関東地震北関東首都直下型地震南関東発掘!あるある大事典2

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安政江戸地震の関連情報