コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政江戸地震 あんせいえどじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安政江戸地震
あんせいえどじしん

安政2(1855)年10月2日午後10時頃,江戸を中心として起こった激震安政年間(1854~60)に東海,近畿など各地に頻発したもののうち,最大の被害規模をもつもの。震源は東京湾北部,北緯 35.65°,東経 139.08°,地震の規模はマグニチュードM)6.9~7.1と推定された。内陸直下型地震。江戸の下町を中心に被害は甚大で,江戸城の石垣が崩れ,家屋,城門倒壊がはなはだしかったのみならず,数十ヵ所に火災が発生して,死者は約 1万人と推定された。水戸藩の指導的尊王家藤田東湖らも,このときに圧死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あんせい‐えどじしん〔‐えどヂシン〕【安政江戸地震】

安政2年(1855)10月2日に関東地方南部で発生した大地震。安政年間に日本全国で発生した十数回におよぶ安政の大地震のうち、江戸を中心に最も被害が大きかったことで知られる。関東平野直下の地殻内で起きた震源の浅い地震であり、その規模はマグニチュード7程度とみられ、首都直下型地震と同種のものと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

安政江戸地震の関連キーワード首都圏直下地震内陸直下型地震鯰絵千住

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安政江戸地震の関連情報