故実叢書(読み)コジツソウショ

百科事典マイペディアの解説

国文学者今泉定介編の有職故実に関する典籍・図版の集大成。168冊と絵図12帖,1899年―1906年刊行。《貞丈雑記》《織文図会》《武家名目抄》《大内裏図考証》等を収める。関根正直ら編《増訂故実叢書》41冊(1928年―1933年),河鰭実英編《新訂増補故実叢書》39冊(1951年―1956年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

有職故実の叢書。168冊,図版12冊の和装本で1899‐1906年に刊行された。今泉定介編。内容は儀式服飾殿舎武具乗物などに及び,さらに系図尊卑分脈》も収められた。その後1928‐33年に関根正直,和田英松,田辺勝哉監修により増訂版40冊,索引1冊が洋装本で発刊された。このときは《尊卑分脈》を除き新たに20余種の書,図が加えられている。戦後1951‐57年には河鰭実英監修による新訂増補版38冊,索引1冊が刊行された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

有職故実の叢書。今泉定介編。1899(明治32)~1906年刊。「大内裏図考証」「武家名目抄」など、儀式・服装などの基本図書30種を和本一六八冊、図版一二冊に収める。のち二度にわたり増訂版を刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

有職故実の叢書。一六八冊、図版一二帖。今泉定介編。明治三二~三九年(一八九九‐一九〇六)刊。「安斎随筆」「拾芥抄(しゅうがいしょう)」など、宮廷・武家の有職故実に関する書二九種を収めたもの。収録書から「尊卑分脈」を削除した「増訂故実叢書」(昭和三~八年刊)、「新訂増補故実叢書」(昭和二六~三二年刊)もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

故実叢書の関連情報