コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故実叢書 コジツソウショ

百科事典マイペディアの解説

故実叢書【こじつそうしょ】

国文学者今泉定介編の有職故実に関する典籍・図版の集大成。168冊と絵図12帖,1899年―1906年刊行。《貞丈雑記》《織文図会》《武家名目抄》《大内裏図考証》等を収める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こじつそうしょ【故実叢書】

有職故実の叢書。168冊,図版12冊の和装本で1899‐1906年に刊行された。今泉定介編。内容は儀式,服飾,殿舎,武具,乗物などに及び,さらに系図《尊卑分脈》も収められた。その後1928‐33年に関根正直和田英松,田辺勝哉監修により増訂版40冊,索引1冊が洋装本で発刊された。このときは《尊卑分脈》を除き新たに20余種の書,図が加えられている。戦後1951‐57年には河鰭実英監修による新訂増補版38冊,索引1冊が刊行された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こじつそうしょ【故実叢書】

有職故実の叢書。今泉定介編。1899(明治32)~1906年刊。「大内裏図考証」「武家名目抄」など、儀式・服装などの基本図書30種を和本一六八冊、図版一二冊に収める。のち二度にわたり増訂版を刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

故実叢書の関連キーワード今泉 定助叢書・双書江家次第内藤広前公事根源拾芥抄西宮記首実検北山抄鷹狩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android