安曇[村](読み)あずみ

世界大百科事典 第2版の解説

あずみ【安曇[村]】

長野県中西部,南安曇郡の村。現地標音では〈あづみ〉。人口2893(1995)。松本市の西方梓川の中・上流域に位置する。飛驒山脈中の村で,村域のほとんどを山林原野が占め,また半分以上が中部山岳国立公園に指定されている。集落は梓川沿いと乗鞍高原に点在し,国道158号線などにより結ばれる。島々をはじめとする集落は,江戸時代には松本藩の藩有林における杣業,製炭業を生業としていたが,大正期以降,村内各所に発電所が建設され,発電所従事者が増えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の安曇[村]の言及

【安曇[村]】より

…長野県中西部,南安曇郡の村。現地標音では〈あづみ〉。…

※「安曇[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android