コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀海神社 シカノウミジンジャ

デジタル大辞泉の解説

しかのうみ‐じんじゃ【志賀海神社】

福岡市東区志賀島にある神社。祭神は、底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)・中津綿津見神・表津(うわつ)綿津見神。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

志賀海神社【しかのうみじんじゃ】

福岡県福岡市東区志賀島に鎮座。旧官幣小社。底津綿津見(そこつわたつみ)神・中津綿津見神・上津(うわつ)綿津見神をまつる。博多湾頭に安曇(あずみ)氏の奉斎した海神で,玄界灘航行の守護神とされる。
→関連項目志賀島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

志賀海(しかうみ)神社

福岡県福岡市の志賀島(しかのしま)にある神社。創祀は不明。祭神は仲津綿津神(なかつわたつみのかみ)、底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)、表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)。海上守護の神として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀海神社
しかのうみじんじゃ

福岡市東区志賀島に鎮座。旧官幣小社。底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)、中津(なかつ)綿津見神、上津(かみつ)綿津見神を祀(まつ)る。綿津見神は『古事記』『日本書紀』にあるように、安曇(あずみ)(阿曇)氏の祖神とも、奉斎神ともされている神である。安曇族は海上交通と密接に関係する氏族であり、日韓交渉が盛んになると、玄界灘(げんかいなだ)を臨む海路の要衝にある当社は海上守護の信仰を集めた。清和(せいわ)天皇の貞観(じょうがん)元年(859)には従(じゅ)五位上を授けられ、延喜(えんぎ)の制では祈年(としごい)の国幣にあずかった。大内・大友・小早川諸氏などの崇敬を受け、文禄(ぶんろく)年中(1592~96)には豊臣(とよとみ)秀吉より社領50石を寄進され、江戸時代には福岡藩主黒田氏から手厚い信仰を受けた。例祭日は10月第2月曜日(体育の日)。別に1月15日に近い日曜日に歩射(ほしゃ)祭が行われる。[阪本是丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の志賀海神社の言及

【志賀島】より

…半農半漁の志賀島,勝馬,弘(ひろ)の3集落がある。倭奴国王印(わのなのこくおういん)(金印)の出土地として有名で,海上守護神で朝鮮鐘(重要文化財)など文化財の多い志賀海(しかうみ)神社,元寇(げんこう)ゆかりの蒙古塚,火焰塚など史跡に富む。また玄海国定公園に属し,海水浴場,国民休暇村,国民宿舎などがある。…

※「志賀海神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志賀海神社の関連キーワード福岡県福岡市東区志賀島阿曇族と宗像族福岡県福岡市安曇磯良阿曇細男

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志賀海神社の関連情報