コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官吏公選 かんりこうせん

2件 の用語解説(官吏公選の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官吏公選
かんりこうせん

慶応4 (1868) 年,政体書に定められた規定の一つ。公選というよりは互選であって,明治2 (69) 年5月に三等官以上の者が,輔相議定,六官知事,内廷知事,内廷職知事,参与などを選んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官吏公選
かんりこうせん

1869年(明治2)5月13日天皇の詔(みことのり)によって行われた官吏の選挙。三等官以上の上層官吏の公選によって、輔相(ほしょう)1名、議定(ぎじょう)4名、参与6名のほか、神祇(じんぎ)、民部、会計、軍務、外国、刑法の六官知事・副知事と内廷職知事を決めた。ただし輔相、議定、各官および内廷職知事の被選人は公卿(くぎょう)、諸侯に限られた。この公選は、政体書の「諸官四年ヲ以(もっ)テ交代ス公選入札ノ法ヲ用フ」という標榜(ひょうぼう)に基づくものであったが、当時政府には冗員が多く、その任用も情実に流れたため、その弊を改めるために大久保利通(としみち)、岩倉具視(ともみ)の発議によって実施されたものである。この結果開明的官僚が要職に進出したが、公選制はこのとき限りで終わった。[佐々木克]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官吏公選の関連キーワード議政官小学校令政体書下局容体書臨港地区ジオイド高販売手数料不染職員令

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone