コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輔相 ほそう

3件 の用語解説(輔相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輔相
ほそう

慶応4 (1868) 年閏4月 21日付の政体書により設けられた「七官」中,行政官の首座にあたる官職。定員は2名で,天皇に議事を奏し,国内事務を監督し,宮中の庶務を総判することを任務とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほ‐しょう〔‐シヤウ〕【×輔相】

[名](スル)
たすけること。補佐すること。
「人道の作為は必天理自然の条理により之を裁成―すべし」〈阪谷素明六雑誌三五〉
諸大臣の上に立ち天子を助けて政治を行うこと。また、その人。宰相。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほしょう【輔相】

たすけること。
天子をたすけて政治をおこなうこと。また、その人。
1868年(明治1)に置かれた行政官の長官。69年廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

輔相の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)天野八郎鮎沢伊太夫井上石見ウィリス上杉斉憲沖田総司

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輔相の関連情報