コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室の木古墳 むろのきこふん

1件 の用語解説(室の木古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むろのきこふん【室の木古墳】

横浜市磯子区久木町(旧,磯子区浜)に所在した円墳。堀割川が磯子の海にそそぐ川口に近い右岸の,丘陵寄り沖積地上に立地していた。1933年に宅地工事が行われた際,石室が露出し,唐草文ハート形杏葉(ぎようよう)を出土した古墳として著名である。工事によって破壊されたため詳細については不明であるが,石野瑛の報告によると,当時の墳丘径約30m,高さ約2.4m。主体部は凝灰岩切石をもって築かれた横穴式石室で,奥行約2m,幅約2m,残存高約1.7mを測る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

室の木古墳の関連キーワード磯子区桜木町地域猫磯子ネーミングライツ(命名権)旧横浜プリンスホテルの跡地開発問題シーサイドライン新興プランテックリバースチール日清物流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone