コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯子 イソゴ

2件 の用語解説(磯子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそご【磯子】

横浜市南部の区名。丘陵部は住宅地、海岸の埋め立て地工業地帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯子
いそご

横浜市南部の区名、および中心市街地。JR根岸線京浜急行電鉄、金沢シーサイドラインが通じ、国道16号、357号、首都高速湾岸線が走る。地形上は多摩丘陵南端部の東斜面で、臨海の根岸湾岸は第二次世界大戦後、横浜市の大規模な根岸湾埋立事業によって、いまは新磯子町をはじめ新森町、新中原町、新杉田町の直線状埋立海岸線に変貌(へんぼう)している。国道16号沿いの臨海地域はもとは半漁村で、丘陵にはウメが植えられ、とくに杉田梅林はウメの名所として江戸初期から観梅客でにぎわい、文人たちの詩材となっていた。いまも妙法寺(みょうほうじ)の紅梅、白梅はともにみごとである。大正から昭和初期にかけては、丘陵部は京浜の高級住宅地として開かれ、夏の海浜は海水浴客でにぎわっていた。根岸湾埋立地には現在火力発電、鉄工、製油などの大工場が集中し、工業埠頭(ふとう)も多く、京浜工業地帯の南部をなす。杉田の東漸寺(とうぜんじ)は鎌倉末期の創建、梵鐘(ぼんしょう)は鎌倉時代の作で、永仁(えいにん)6年(1298)の銘があり国指定重要文化財。北東の岡村の展望の広い台上には三殿台(さんとのだい)遺跡がある(国指定史跡)。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯子の関連キーワード稲毛港南港北早良瀬谷都筑神奈川県横浜市南区大岡神奈川県横浜市港南区神奈川県横浜市保土ケ谷区神奈川県横浜市南区

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone