コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏葉 ぎょうよう

8件 の用語解説(杏葉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杏葉
ぎょうよう

馬具の一種。上古時代の飾り馬,平安時代唐鞍 (からくら) ,胸繋 (むながい。→三繋 ) ,尻繋などに下げる装飾物。日本の古墳時代のものには,鉄地金銅張り,銅製,金銅製,鉄地銀張りなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐よう〔ギヤウエフ〕【×杏葉】

《形が杏(あんず)の葉に似ているところから》
唐鞍(からくら)面繋(おもがい)胸繋(むながい)尻繋(しりがい)につける金属製または革製の装飾。
胴丸腹巻などの肩上(わたがみ)に、染め革でくるんでつけた鉄板。
紋所の名。杏の葉を二つ左右から抱き合わせた形のものなど。ぎょよう。

ぎょ‐よう〔‐エフ〕【×杏葉】

ぎょうよう(杏葉)3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杏葉【ぎょうよう】

馬具の面繋(おもがい),胸繋(むながい),尻繋(しりがい)につける装飾具。皮または金属製で,名は形がアンズ(杏)またはイチョウ(銀杏)の葉に似ていることに由来する。
→関連項目馬具ルリスタン青銅器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

杏葉

 馬の背中につける鞍[くら]をつなぎとめるひもに取り付ける飾りです。杏子[あんず]または銀杏[いちょう]の葉の形に似ていることからこう呼ばれます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうよう【杏葉】

馬具の一部を構成する装飾物で,胸繫(むながい)と尻繫にさげる。面繫にも,また鞍褥(くらしき)の裾にさげることもある。杏葉は平安時代の名称で,葉形の意匠をもつ唐代の形を名称とともに受け入れたものである。形が杏あるいは銀杏の葉に似ていることに由来するという。杏葉の起源は西方にあり,南北朝時代に中国に伝えられたので,漢代の馬装には杏葉がない。日本の5世紀前半の古い馬具に杏葉を伴わないことも,これと関連がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょうよう【杏葉】

〔形が杏あんずの葉に似るところから〕
唐鞍からくらの装飾具の一。金属・革などで作り、面繫おもがい・胸繫むながい・尻繫しりがいにつける。
よろいの付属具の一。染め革などで包んだり漆をかけたりした鉄板。古くは下級武士が、袖の代わりに胴丸の肩につけたが、鎌倉時代に、袖が完備するとともに、胸につけるようになった。
家紋の一。杏の葉を図案化したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杏葉
ぎょうよう

馬具もしくは甲冑(かっちゅう)の付属具。形状が杏(あんず)の葉に似るとして命名されたものと考えられる。馬具の杏葉は、古墳時代の鞍(くら)や後の唐鞍(からくら)の鞦(しりがい)につけた装飾具である。後期古墳や宗像(むなかた)大社沖ノ島祭祀(さいし)遺跡などから金銅透(こんどうすかし)彫りの精巧なものが出土している。甲冑付属の杏葉は、中世に徒立(かちだち)で戦った下卒が着た胴丸(どうまる)(右引合せ形式で当時は腹巻と呼称された)の肩上(わたがみ)に結び付けた肩先の防具である。軽い膨らみをもった独特の形の掌(てのひら)大の鉄板で、一般に上部を折り返し、表面に絵韋(えがわ)を張り、据文(すえもん)金物を打ち、周囲に覆輪をかけ、上部の穴に緒の設けがある。
 南北朝時代以降、胴丸が騎馬の武士に着用され、大袖(おおそで)がつくようになると、用途を変じ、胸前に垂下して高紐(たかひも)を覆う装具となり、しだいに形式化して小さくなった。杏葉の遺物は、鹿児島市鶴ヶ嶺(つるがね)神社に鎌倉時代の作と推定される鏡地(かがみじ)鶴松葉文の杏葉が伝来するほか、南北朝・室町時代の胴丸に多く付属している。また、北海道から鏡地の古風な杏葉の出土がある。江戸時代には甲冑形式の多様化と威儀化から、胴丸のほか復古調の腹巻・当世具足などにも用いられて形状を崩した。[山岸素夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杏葉の関連キーワード剃刀貝巾子形猿尾鉄砲和え糸瓜襟毛錐杏梅行灯袴瓦餅半纏木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杏葉の関連情報