コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮川経輝 みやがわつねてる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮川経輝
みやがわつねてる

[生]安政4(1857).1.18. 肥後
[没]1936.3.2. 大阪
会衆派系のプロテスタント牧師,説教家。細川藩郷士の家に生れ,熊本洋学校在学中の 1876年受洗。同志社英学校卒業後同校で教えた。 82年大阪教会 (のちの日本組合教会) 牧師となり,日本のプロテスタント教会の発展に尽した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮川経輝 みやがわ-つねてる

1857-1936 明治-昭和時代前期の牧師。
安政4年1月17日生まれ。明治9年熊本洋学校の同志35名で熊本バンドを結成,校長のジェーンズから洗礼をうける。15年から日本組合基督(キリスト)教会大阪教会の牧師を43年間つとめた。昭和11年3月2日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。同志社英学校卒。著作に「活基督」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮川経輝

没年:昭和11.2.2(1936)
生年:安政4.1.17(1857.2.11)
日本プロテスタント初代の牧師のひとり。肥後(熊本県)阿蘇の神官の子として生まれ,幼少時漢籍を学ぶ。明治5(1872)年,熊本洋学校に入学。L.L.ジェーンズの感化を受け,同9年,熊本城外の花岡山で海老名弾正ら同志34人と共に「奉教趣意書」に署名した,いわゆる「熊本バンド」の中心人物。洋学校卒業後,バンドの同志と共に同志社に入学。卒業後,同志社女学校(同志社女子大)の教頭を経て同15年から43年間,大阪教会の牧師として牧会伝道に生涯を捧げた。在任中の伝道領域は朝鮮,中国東北部(満州),ハワイ,アメリカ西海岸におよんだ。著書は,自ら受講したD.W.ラーネッドの経済学講義の翻訳『経済新論』をはじめ,『活基督』『牧会百話』など多数。小崎弘道,海老名と共に日本組合基督教会三元老と呼ばれた。<参考文献>高橋虔『宮川経輝』

(原誠)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやがわつねてる【宮川経輝】

1857‐1936(安政4‐昭和11)
牧師。阿蘇に生まれ,熊本バンドの一人になる。1879年同志社卒業後,同志社女学校で教え,82年より大阪教会牧師,1925年隠退して同教会名誉牧師となる。大阪商人の気質をよく理解し,豊かな配慮をもって信徒を教育し,大阪教会を日本有数の教会に育成した。また所属した日本組合教会の指導者として各地に伝道し,さまざまな要職を歴任して,その教派的特色を生かす努力をかさねた。【土肥 昭夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宮川経輝の関連キーワードインドの大反乱ケクレ歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]ガーディナーシュネーダースウェンソンストックブリッジ新渡戸まり子バルツェル