コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本研 みやもとけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮本研
みやもとけん

[生]1926.12.2. 熊本,天草
[没]1988.2.28. 神奈川
劇作家。本名照 (てらし) 。中学時代を北京で過す。九州大学経済学部卒業。高校教諭を経て法務省に勤務,地域の演劇サークル「麦の会」をつくり,1956年に処女作『僕らが歌をうたう時』を上演。以後第2期の自立演劇運動を支えた (→アマチュア演劇 ) 。二・一スト中止をめぐる状況を描いた『日本人民共和国』 (1960) と『メカニズム作戦』 (62) で第8回岸田戯曲賞を受賞後,退職して執筆に専念する。代表作は,田中正造をモデルにした『明治の柩』 (62) ,大正期のアナキストや芸術家たちを描いた『美しきものの伝説』 (68) ,魯迅の小説を下敷きにした『阿Q外伝』 (69) などの「革命伝説四部作」や『夢・桃中軒牛右衛門の』 (76) ,『からゆきさん』 (77) などで,革命と民衆の夢をめぐる男女の葛藤をモチーフとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本研 みやもと-けん

1926-1988 昭和時代後期の劇作家。
大正15年12月2日生まれ。法務省につとめながら自立劇団麦の会を主宰。昭和37年「日本人民共和国」「メカニズム作戦」により岸田国士戯曲賞をうけ法務省を退職,劇作に専念した。昭和63年2月28日死去。61歳。熊本県出身。九大卒。本名は照(てらし)。作品はほかに「美しきものの伝説」「夢・桃中軒牛右衛門の」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮本研
みやもとけん
(1926―1988)

劇作家。熊本県に生まれる。九州大学経済学部卒業後、法務省に入る。自立劇団「麦の会」を組織、その体験を描いた『僕らが歌をうたう時』(1956)で注目された。『反応工程』(1959)、『日本人民共和国』(1961)を発表、1962年(昭和37)法務省を退職、『メカニズム作戦』で岸田戯曲賞受賞。続いて『明治の柩(ひつぎ)』(1962)、『ザ・パイロット』(1964)、『美しきものの伝説』(1968)を完結、民衆と革命の諸問題を力強いモチーフと堅牢(けんろう)な構成力によって提示した。その後『夢・桃中軒牛右衛門(うしえもん)の』(1976)、『からゆきさん』(1977)、『新釈金色夜叉(こんじきやしゃ)』(1981)など。[大島 勉]
『『ザ・パイロット』(1970・晶文社) ▽『革命伝説四部作(「明治の柩」「美しきものの伝説」「阿Q外伝」「聖グレゴリーの殉教」)』(1971・河出書房新社) ▽『夢・桃中軒牛右衛門の』(1978・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮本研の言及

【ブレヒト】より

… 第2次大戦後ブレヒトの活動が再び国際的な注目を浴びだした50年代から,千田是也が精力的に導入を試み,53年の《第三帝国の恐怖と貧困》の上演以後,俳優座や若手劇団による上演が活発化し,合同公演《ガリレイの生涯》(1958)で異化効果や叙事演劇の問題が論じられるようになった。ブレヒトを単純な啓蒙政治劇とみた保守派や,リアリズムを逸脱するとみた教条的進歩派の誤解はあったが,その方法論は,安部公房,宮本研,福田善之などの劇作にも影響を与えだした。60年代の政治的な季節には,既成の硬直化した演劇の反措定として,教育劇も含めた方法の政治的な有効性がクローズ・アップされた。…

※「宮本研」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮本研の関連キーワードええじゃないか増見 利清宮本 研増見利清襤褸の旗文学座劇作家処女作地人会森塚敏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android